葬儀・お葬式・疑問・質問にお答えします。
 
  Googleでfuneral.co.jp内を検索します。

 


45、分骨するには? 粉骨(パウダー化)するには?散骨するには?

 ご遺族の家族の中に、関西の方がいらっしゃると、「東京の骨壷は大きいね、関西では小さい骨壷に

  少量のお骨を入れて持ち帰るんだよ、骨壷に入らなかったお骨は火葬場でまとめて共同供養

  するらしんだよ 」等と耳にする機会があります。 ドラマなどでも両手で胸元に大きなお骨を抱いている

  シーンを見ることがあり、関西の方はびっくりするらしいです。

  東京で火葬して、関西のお墓へ埋葬する場合は等は、粉骨(粉にする)にして小さくすることが出来る

  事をお教えしたら喜ばれたことがありましたのでご紹介します。
 

 ●粉骨

  散骨する場合や、大量のお骨を粉にする事により小さくまとめることが出来ます。

粉骨前
粉骨後

 粉骨後と前では、およそ1/10程度になります。
  
  写真は、専用の粉骨機で行ったものです。粉の程度はベビーパウダーより 多少荒いといった程度です。

  ここまで細かくしないと海での散骨などでは節度を問われてしまいかねます。

 自身で粉骨するには、形あるのを壊すのは少々忍びないですが、お骨を丈夫な袋に入れ、

  小槌などでたたいて細かくし、ふるいにかけ、細かくなったものを都度うつし、ふるいに残ったものは

  もう一度袋に入れてたたき、またふるいにかけます。それを4〜5回ほど行うと粉までは行きませんが、

  細かく出来るでしょう。  粉骨ご希望の方、お骨を自身で粉にするのに忍びないと言う方 は

   メール でお問い合わせ下さい。

 粉骨料金は、 26,250円(税込)となります。容器は、弊社へ届いた時の収骨容器(骨壷)へ

 入れてお返しする場合には容器代は不要です。違う小さな収骨容器へ入れる場合を

 ご希望の際は、別途収骨容器としまして、2,940円、又はタッパーなどなんでもよい

 と言う場合は、無料で差し上げます。 元々の収骨容器は基本的にお返しするように致します。

 不要の場合は、お焚きあげ1,050円となります。

 又、海への散骨代行山への散骨も取り扱っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

TOPページへ
23区式場紹介へ
多摩地区式場紹介
宗旨宗派別
お布施の価格
オプション・変更項目
ミニマムプラン
コンセプト
区民葬簡易計算
一般的な仏式の流れ
一般的な神式の流れ
ブログ
会社概要
ペットとお別れ
Q&A方式でお答え
葬儀後の手続き
エンディングノート
My Will
 
  ●分骨

   分骨すると、体が別けられてかわいそう、故人が別けられて成仏できないのでは?と言った質問を受けることがあります。

   仏教の教えでは、たましいは仏様の元へと旅立ってますので、本来分骨することで故人様になにか良からぬ事があると

   言うことは無いのですが、信仰している宗教者や菩提寺にご相談されるのが一番良いでしょう。

 
通常の骨壷と分骨容器

分骨容器の小ささがわかると思います。

分骨していただいたお骨を埋葬・散骨する時は

分骨証明書が必要です。手元に置く時には

必要ありませんが、気が変わり埋葬することも考え

一応証明書はいただいておきましょう。

 
 分骨証明書です。

  火葬証明書となっておりますが

  分骨に付いてくる書類です。

  (代々幡斎場の例) 


  
 ●このページの先頭へ
 
 Copyright(C) 2006 Himawari Mortuary. All Right Reserved.